MENU

ExpressVPNで海外から日本のアマゾンプライムを視聴する方法

  • URLをコピーしました!

日本版のアマゾンプライムビデオは海外からは利用できません。アマゾンプライムビデオは、海外からのアクセスを禁止しているからです。

しかし、日本版アマゾンプライムビデオを世界のどこにいても見られるようにする簡単な方法があります。

それは、ExpressVPNを利用することです。

 

この記事では、ExpressVPNを使って海外から日本のアマゾンプライムビデオを視聴する方法を解説していきます。

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

目次

日本のアマゾンプライムビデオが海外で見れない原因

アマゾンプライムビデオには、各地域に特化したコンテンツがあります。その理由は、特定の地域でのみライセンスされている番組があるためです。

日本でのみ上映が許可されている映画があり、そのような映画は他の地域向けのアマゾンプライムビデオのコンテンツには含まれません。この場合、日本のIPアドレスを持っていないと、これらの映画を見ることはできません。

ExpressVPNで日本版アマゾンプライムビデオを視聴する方法

日本版アマゾンプライムビデオを日本国外で視聴するには、ExpressVPNサービスの利用が必要です。

ExpressVPNを使えば、アマゾンプライムビデオを海外のどこからでもみれるようになります。

 

アマゾンプライムビデオの日本向けコンテンツにアクセスするには、あなたが日本にいることをシステムが確認する必要があります。日本のIPアドレスを持つ視聴者にのみ、このコンテンツへのアクセスを許可するのです。

ExpressVPNサービスを利用することで、あなたが日本にいるように見せかけることができます。そうすれば、日本から遠く離れていても、他の人と同じように日本版を見ることができます。

もちろん、アマゾンプライムビデオを見るためにVPNを使うのは100%合法ですので安心してください。

 

ExpressVPNをダウンロード&インストールする方法はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ExpressVPNをダウンロード&インストールする方法まとめ この記事では、ExpressVPNをダウンロード&インストールする方法を解説していきます。 【ExpressVPNをダウンロード&インストールする方法】 ExpressVPNのダウン...

ExpressVPNの使い方はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ExpressVPNの使い方まとめ ExpressVPNは、おそらく最もシンプルで簡単、かつ高速に利用できるVPNサービスと言っても過言ではないでしょうか。 この記事では、そんなExpressVPNの使い方を解説して...

ExpressVPNを使ってもアマゾンプライムビデオビデオが見れない時の解決方法

  1. インターネットの接続状態を確認する
  2. IPアドレスの再確認する
  3. キャッシュと閲覧履歴を消去する
  4. ExpressVPNサーバーの切り替える
  5. VPNプロトコルの変更する
  6. ExpressVPNアプリのバージョンを更新する
  7. ファイアウォール/アンチウィルスをオフにする
  8. DNSキャッシュをフラッシュする
  9. DNSの設定を手動で行う
  10. 手動でプロキシを設定する
  11. ExpressVPNサポートに連絡する

インターネットの接続状態を確認する

基本的に、ExpressVPNは不具合を見せるような普通のVPNではありません。したがって、問題があなたの側にないことを確認するために、まずあなたのインターネット接続をチェックしてください。

そもそも通常のインターネット接続が繋がっていないことがVPNトラブルの原因のほとんどです。

そのため、より早くインターネットを確認し、再接続すれば、より早くストリーミングを再開することができます。

IPアドレスの再確認

接続時にVPNクライアントの不具合に直面する可能性が高いです。

その代わり、あなたの本当のIPアドレスがインターネットから隠されていない可能性があります。したがって、ジオブロックを回避しようとしている場合、失敗する可能性があります。

 

そこで、何かする前に、VPNクライアントでどのようなIPアドレスが表示されるかを確認してください。もし、あなたがいる場所と同じか近い地域に属するIPアドレスが表示されたら、それはVPN接続がうまく確立されていないことを意味します。

この問題を解決するには、VPNを再接続して、正しく動作するかどうかを確認するだけです。また、VPN接続を確認するために、自分のパブリックIPアドレスをオンラインで確認することもできます。

キャッシュと閲覧履歴を消去する

インターネットサービスの多くは、たとえVPNを使っていたとしてもキャッシュを経由して位置情報を偽装していることが簡単に分かってしまいます。

VPNトンネルの外でのあなたのブラウジング活動は、実際のIPアドレスのヒントを与えることが頻繁にあります。

 

インターネットが接続されている場合、あなたのIPアドレスは問題ありません。それでもVPNが動作しない場合は、Cookieとキャッシュをクリアしてみてください。

その後、現在のExpressVPNの接続場所を検出するように、(予防措置として)あなたのVPNクライアントを再接続します。

それでもうまくいかない場合は、閲覧履歴も消去する必要があるかもしれません。これで確実に不具合は解消されます。

ExpressVPNサーバーを切り替える

インターネットやVPN接続に問題がなく、キャッシュをクリアするようなこともない場合は、VPNサーバーに問題がある可能性があります。しかし、もちろん、VPNサーバーがおびただしい数の理由で一時的にダウンすることは珍しくありません。

したがって、それを苦労する代わりに、単にあなたのサーバーを切り替えることができます。

 

プレミアム・ユーザーであれば、同じ場所にある別のサーバーに切り替える自由があります。または、あなたの要件が都市に限定されていない場合は、同じ国から別の場所に接続することもできます。

ExpressVPNサーバーの切り替え方法

  • VPNクライアントを開いてください。サーバー名とともにVPN接続のステータスが表示されます。
  • [ロケーションを選択]オプションを選択すると、利用可能なサーバーのリストが表示されます。
  • 適切なサーバーのロケーションを選択してください。例えば、日本のコンテンツにアクセスしたい場合は、Japanサーバーを選択します。
  • [ON]ボタンをクリックして、接続を確立します。(サーバー名をダブルクリックして素早く接続することも可能です)。

どのサーバーに接続したらいいかわからない場合は、[おすすめ]タブにアクセスすると、最適なサーバーのリストを見ることができます。

[お気に入り]メニューでは、最後に接続した場所やお気に入りとしてマークした場所が表示されます。

現在のVPN接続を終了する場合はいつでも、[スマートロケーション]機能で以前の場所に戻ることができます。

VPNプロトコルの変更

VPNプロトコルは、デバイスをVPNサーバーに接続するための方法です。

最適なエクスペリエンスのために、ExpressVPNはデフォルトで選択されているオートプロトコルオプションの使用を推奨しています。

 

自動プロトコルを使用してExpressVPNに接続できない場合、次の順序で他のプロトコルをお試しください(利用可能な場合)。

その他のプロトコル

  1. Lightway – TCP
  2. Lightway – UDP
  3. OpenVPN – TCP
  4. OpenVPN – UDP
  5. IKEv2
  6. L2TP/IPsec

重要 L2TP/IPSecはセキュリティ上の利点がほとんどないため、匿名化または場所の変更にのみ使用する必要があります。ExpressVPNでは、絶対に必要な場合を除き、L2TP/IPSecの使用は推奨していません。

ExpressVPN最新版のダウンロード

ExpressVPNアプリの最新版 app.を使用しているかどうかをご確認ください。使用していない場合には、最新版アプリをダウンロードします。

ExpressVPNをアンチウイルスの除外リストに追加する

オンラインセキュリティソフトウェアやアンチウイルスには、VPNアプリケーションとの競合を引き起こすものがあります。そのようなアプリケーションをすでに使用している場合、同時に実行するとVPNトラフィックがブロックされる可能性があります。

ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトが原因かどうかを調べるには、以下の手順で行ってください。

1. ウイルス対策ソフトやオンラインセキュリティソフトを、メーカーのホームページに記載されている正しい方法で無効にしてください。

2. ExpressVPNアプリで同じサーバーロケーションに接続します。

問題なく接続できる場合は、アンチウイルスの除外リストにExpressVPNを追加してください。正しい手順については、メーカーのホームページをご確認ください。

その他のオンラインセキュリティソフトの場合は、セキュリティレベルを[高]から[中]に変更してください。それでもダメな場合は、UDPポート1194から1204に例外を許可する必要があります。

 

アプリケーションが許可している場合は、ExpressVPNを信頼するように設定することで、互換性エラーが修正されます。

完了したら、ExpressVPNアプリを再起動し、任意のサーバーに接続します。これで何の問題も表示されなくなったはずです。

DNSキャッシュのフラッシュ

リゾルバキャッシュのDNSレコードは、頻繁にリクエストされるホスト名から素早く結果を取得することができますが、これらのDNSエントリーは、VPNのDNSと競合し、サービスが動作しない原因となる場合があります。

もしそれがあなたのストリーミングを中断しているものなら、DNSをフラッシュする以下の修正を試してみてください。

  • スタート "ボタンをクリックし、実行コマンドに "cmd"を入力します。これにより、コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。
  • ここで "ipconfig/flushdns" と入力し、"Enter" を押してください。
  • "Successfully flush the DNS Resolver Cache "というメッセージが表示されます。コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。
  • モデムとVPN接続を再起動します。

見たいサイトまたはアプリにアクセスし、通常通りアクセスできるかどうか確認してください。

DNSの設定を手動で行う

DNSをフラッシュしても問題が解決しない場合、ネットワーク設定に問題がある可能性があります。

お使いのシステムのDNS設定が、VPNのDNSを上書きさせないということが起こります。この場合、インターネット接続が機能しなくなります。

 

この不具合を解決するには、ExpressVPN DNSを受け入れるようにネットワーク設定を手動で行う必要があります。

  • [設定] > [ネットワークとインターネット] > [ネットワークと共有センター]に進みます。
  • アクティブなインターネット接続をクリックします。
  • 新しいウィンドウで、[プロパティ ]ボタンをクリックします。
  • ここで [インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)] を選択し、[プロパティ"]をクリックします。IPv4オプションをダブルクリックして、プロパティウィンドウを開くこともできます。
  • [一般]タブで、[次のDNSサーバーアドレスを使用する]設定を選択します。
  • ここで、Google DNSなどのパブリックDNSアドレスを入力します。Preferred DNS server]の前に8.8.8.8と入力し、[Alternate DNS server]に8.8.4.4と設定してください。
  • [OK]をクリックして、設定を保存します。

Google DNSが使えない場合は、Cloudflare、Comodo、OpenDNSなど、他のパブリックDNSを使用することも可能です。

これが完了したら、今度はVPNアプリのDNS設定を調整します。

  • ExpressVPNアプリを開いてください。
  • メニューアイコンをクリックし、[オプション ]をクリックします。
  • ここで [詳細]タブに移動します。
  • [VPNに接続している間のみExpressVPN DNSサーバを使用する ]設定のチェックを外し、[OK ]をクリックします。

以上の手順でDNSの設定を調整した後、DNSを再度フラッシュして心機一転してください。これで、ExpressVPN経由でアクセスする際に問題は発生しないはずです。

プロキシ設定を手動で行う

プロキシサーバーは、インターネットブロッキングを回避し、あなたのIPロケーションを隠すことができますが、プリセットプロキシは、VPN設定と競合する可能性があります。

したがって、この場合、プロキシ設定を手動で構成することで、問題の回避策として機能することができます。

  • [設定] > [ネットワークとインターネット] > [プロキシ]に移動します。
  • [設定を自動的に検出する]オプションをトグルします。

お使いのブラウザでも同様の設定を行う必要があります(ブラウザが対応している場合)。

ブラウザを起動し、メインメニューを開きます。[ツール]または[オプション]という名前の機能で、[ネットワーク設定]を見つけ、ここでプロキシ設定を自動検出に調整することができます。

ExpressVPNサポートチームに問い合わせる

ここまでのやり方を試してもなお、ExpressVPNが切断され続ける場合は、ExpressVPNカスタマーサポートチームに問い合わせましょう。

公式サイトではライブチャットオプションを提供していますが、VPNクライアントアプリからサポートに連絡する必要があります。

 

サポート専門家は、お使いのデバイス上のアプリケーションからのみ送信可能な診断情報を必要とするためです。ExpressVPNアプリから診断情報を送信することで、接続障害の原因が判明する場合があります。

ExpressVPNを無料で試す

なぜExpressVPNを選ぶべきなのか?

世界中に分散された、安全なVPNサーバーを使っているから

ExpressVPNは世界94カ国以上に3,000台以上のサーバーがあります。

そのため、世界のどこにいても安定したサーバーで、自由で安全にネットサーフィンができるのです。

あわせて読みたい
ExpressVPNは危ない!?安全性/危険性まとめ ExpressVPNは業界でも最速のVPNと言われており、セキュリティは軍事レベルと言われています。 しかし、ExpressVPNやその他のVPNサービスを使ったことがない方の中には、...

圧倒的なサーバー速度

ExpressVPNは100mbps以上という驚異的な速度で動作することが知られています。これは、動画が止まるのを気にすることなくストリーミングするには十分すぎる速度です。

一般的にVPNを繋ぐと、ネット速度が落ちてしまうのが普通ですが、ExpressVPNのサーバー回線はほとんど通常のインターネット速度と変わらないため、「まるでVPNを使っていることを忘れるようだ」という口コミが多く寄せられています。

あわせて読みたい
ExpressVPNの速度は速い?どれくらい速いのか比較 ExpressVPNは自らを最速のVPNと称しています。 ExpressVPNはウェブサイトで何度もこの大胆な主張をしていますが、その誇大広告に見合うものなのでしょうか? この記事で...

同時接続台数の多さ

ExpressVPNでは、最大5台のデバイスを同時に接続可能です。iPhoneやMac、Windows、Linuxにいたるまで、すべてのデバイスでインターネットのコンテンツにアクセスできます。

あわせて読みたい
ExpressVPNの同時接続台数は5台まで!インストール数は無制限 ExpressVPNは最も安全で信頼性が高く、機能が満載です。世界のVPNサービスとしてNo.1と言って過言ではありません。 ExpressVPNアプリは本当に使いやすく、初心者でもス...

満足できなければ30日間は全額返金保証

ExpressVPNは、30日間自由にサービスを試すことができるオプションを提供しています。この30日間、あなたはリスクなしでサービスを試すことができます。

不満がある場合は、一言「Please refund」とメッセージを送るだけで返金してもらえます。

ExpressVPNの返金保証については以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ExpressVPN無料トライアル中の解約・返金申請方法まとめ この記事では、ExpressVPN無料トライアルの解約・返金申請方法を解説していきます。 【ExpressVPN無料トライアルの解約・返金申請方法】 手順1:公式サイトからマイアカ...

ExpressVPNを無料で試す

まとめ

この記事では、ExpressVPNを使って海外から日本のアマゾンプライムビデオを視聴する方法を解説しました。

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次