MENU

2022年、ExpressVPNは中国で使えない?使い方まとめ

  • URLをコピーしました!

中国のグレートファイアウォール(金盾)を迂回できるVPNはほとんどありません。

しかし、ExpressVPNを使えば、中国の厳しいインターネット規制を簡単に通過できます。

 

ExpressVPNは、その高度な機能と技術のおかげで、中国を含む世界中のどこからでも、インターネット上のお気に入りのストリーミングプラットフォーム、ソーシャルメディア、ウェブサイトにアクセスできます。

ExpressVPNでは、中国のファイアウォールを迂回するために、

  • 難読化
  • DNSおよびIPリーク保護
  • 分割トンネリング
  • 自動キルスイッチ
  • 自動接続

を使用しています。ExpressVPNのトップクラスのセキュリティとプライバシー機能のすべてが、どこからでも検閲を回避することを可能にしています。

この記事では、2022年現在、ExpressVPNは中国で使えるのかどうかと、中国でのExpressVPNの使い方について、解説していきます。

 

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

目次

中国でExpressVPNを使用すべき理由

ExpressVPNは、数多くの理由から、中国のインターネットユーザーにとって強力な選択肢です。

 

まず、非常に高速で、94カ国にわたる3,000以上のVPNサーバーにアクセスできることです。

 

第二に、優れたマルチプラットフォーム・サポートがあり、ネットワーク・ルーターへのインストールをできるだけ簡単にするためのカスタム・ファームウェアまで含まれています。

優れたセキュリティ性能

このサービスは、情報セキュリティに真剣に取り組んでいます。256ビットAES暗号、完全な前方秘匿、DNS、IPv6、WebRTCの漏洩に対する保護を使用し、あなたのオンラインアクティビティを常にプライベートに保つことができます。

VPN接続が突然低下した場合に、すべてのトラフィックを即座に停止するインターネットキルスイッチ保護機能(デスクトップのみ)も備えています。何よりも、ExpressVPNは個人を特定できるような情報を一切記録しません。

あわせて読みたい
ExpressVPNは危ない!?安全性/危険性まとめ ExpressVPNは業界でも最速のVPNと言われており、セキュリティは軍事レベルと言われています。 しかし、ExpressVPNやその他のVPNサービスを使ったことがない方の中には、...

ビットコインを使った安全で匿名な支払い方法に対応

匿名性を高めるためにビットコインで支払うこともできます。標準的な支払い方法も利用可能です。

あわせて読みたい
ExpressVPNの支払い方法まとめ この記事では、ExpressVPNの支払い方法について解説していきます。 【ExpressVPNの支払い方法一覧】 以下は、現在ExpressVPNで選択できる支払い方法一覧です。 ExpressV...

ExpressVPNを無料で試す

中国でExpressVPNは使えない?

結論から言うと、中国でExpressVPNは使えます。

通常のExpressVPNの使い方通り、お好みのVPNサーバー接続を選択するだけで、自由にウェブを閲覧することができるはずです。

ただし、ExpressVPNのウェブサイトは現在、中国ではブロックされています。そのため、中国への渡航前にサービスの登録とインストールを行うことを強くお勧めします。

 

出国前にExpressVPNをインストールしたら、あとは簡単です。

VPNに接続して、端末を起動したときに自動的に起動するように設定します。また、キルスイッチとDNS・IP漏洩防止を必ず有効にしてください。これらの設定により、中国のグレートファイアウォールを確実に回避できます。

詳しい手順については、後ほど解説していきます。

ExpressVPNを無料で試す

中国でのExpressVPNの使い方

中国は国民のインターネット接続を非常に厳しく監視しているため、ExpressVPNに初めて接続する前に、以下のいくつかのステップを踏むことをお勧めします。

端末が起動したらすぐにExpressVPNに接続する方法

いつでもVPNに接続するためには、ExpressVPNが自動的に起動するように設定することが重要です。VPNに接続せずにサイトにアクセスすると、ファイアウォールによってブロックされてしまいます。

メインページから、左上のメニューアイコン(三本線)をクリックし、オプションを選択します。

[一般]タブで、最初の2つのオプションを有効にします。これで、誤って保護なしでブラウズすることはありません。

デスクトップ版のアプリを使用している場合は、VPNが予期せず切断された場合、すべてのインターネットトラフィックを停止するを有効にすることもお勧めします。

この2つが有効になっていれば、デバイスの起動時に常に正しいサーバーに接続できます。

DNS・IP漏れ対策を有効にする方法

DNSやIPが漏洩すると、ファイアウォールを通過する前に実際のIPアドレスが漏洩してしまい、ブラウザがWebRTCリクエストを送信した際に、VPNへの接続ができなくなったり、アクセスが制限されたりしてしまいます。

DNSやIPアドレスの情報漏洩を防ぐには、以下の2つの手順を行ってください。

  1. 「詳細設定」を開きます。
  2. 「接続時のIPv6アドレス検出を防ぐ」と「接続時にExpressVPNのDNSサーバーのみを使用する」のチェックボックスを有効にします。

これで、通常のように自由に接続できるようになりました。これを行うには, ホーム画面に戻り、真ん中にある大きなボタンをクリックします。現在地に最適なサーバーに自動的に接続されます。

[場所を選択]ボタンをクリックし、右側のリストから1つを選ぶことで、接続する特定の国を選択できます。ご覧の通り、ExpressVPNはあなたのオンラインセキュリティを真剣に考えています。おそらく、それが今でも中国で動作し、信頼できる理由の1つです。

キルスイッチを有効にする方法

キルスイッチを有効にしておくと、VPNでトラブルが発生したときに、すぐにインターネット通信を遮断できます。中国にいる間は常に有効にしておいてください。

なお、ファイアウォールで識別された場合は、アクセスが遮断されます。ストップスイッチを有効にするには、以下の2つの手順で行います。

  1. 一般設定を開きます。
  2. VPN接続が意図的に遮断された場合、すべてのインターネット通信を停止する」の隣にあるチェックボックスを有効にします。

これでキルスイッチが有効になりました。

ExpressVPNを無料で試す

ExpressVPNが中国で使えない場合は?

何らかのトラブルが発生し、ExpressVPNが使えない場合は、インターネット通信を停止して、以下の解決策をお試しください。

VPNに再接続する

当たり前のようですが、VPNに再接続することで、接続がリフレッシュされます。VPNは、インターネット接続が弱い場合や、技術的なエラーが発生した場合に停止することがあります。

また、インターネットの接続速度が遅いと、サーバーに正しく接続するまでに最大で30秒ほどかかり、最悪の場合は接続できないこともあります。

VPNに再接続し、「接続が完了しました」というメッセージが表示されるまでネットサーフィンを開始しないでください。これらの手順を踏んでもまだエラーが出る場合は、VPNソフトを再インストールしてみてください。

中国国内からインストールファイルを再ダウンロードすることはできませんので、.exeファイルが手元にあることを確認してから行ってください。

ブラウザのキャッシュを消去する。

VPNのIPアドレスは、リクエストを送りすぎるとサイトからブロックされることがありますが、ユーザーのCookieもブロックされることがあります。

これは、同じアカウントが何度もサーバーに接続しようとする場合によく見られます。サイトによっては、キャッシュがブロックされ、サイトへのアクセスが制限されます。

この問題を解決するには、ブラウザの設定ページでキャッシュを削除します。すべてを削除したくない場合は、アクセスできないサイトのキャッシュだけを削除してください。

プロトコルを「自動」にする

ExpressVPNクライアントを変更すると、接続が止まってしまうことがあります。そこで、プロトコルが「自動」に設定されていることを確認してください。

こうすることで、VPNソフトが自動的に中国のファイアウォールを迂回するのに適したプロトコルに変更してくれます。すべてのプロトコルで難読化が使われているわけではないので、ExpressVPNソフトに適切な設定を選ばせた方がうまくいく可能性が高いです。

カスタマーサポートに連絡する

最後の手段として、中国ではExpressVPNのサイトにアクセスできないため、ExpressVPNのカスタマーサポートに連絡して質問をできます。サポートチームは対応が早く、24時間以内に回答してくれるはずです。

連絡先:support@expressvpn.zendesk.com

ExpressVPNを無料で試す

中国の Android や iOS デバイスでExpressVPNを使用できますか?

ExpressVPNのアプリはOpenVPNを採用しているため、中国のAndroidやiOSデバイスでも無料でインターネットを楽しむことができます。

ただし、中国に入国する前に、デバイスにVPNアプリをインストールすることをお忘れなく。中国ではほとんどのVPNがブロックされているため、VPNサイトやアプリにアクセスすることができません。

中国でVPNを利用するのは違法ではないのですか?

中国で合法なVPNはいくつかありますが、ExpressVPNは合法ではありません。

中国で合法的なVPNは、政府の承認が必要で、多くの厳しい規則に従わなければならないため、結果的にユーザーの情報が見えてしまうのです。

つまり、中国で合法的なVPNを使用した場合、あなたのIPアドレス、位置情報、インターネットの使用状況が記録され、中華人民共和国の工業情報化省に送られます。

これでは、せっかくVPNを使うメリットの多くが失われてしまいます。

 

しかし、ExpressVPNは英領バージン諸島に拠点を置いているため、中国の法律に従う必要はありません。そのため、中国で使用することは違法であり、中国政府に見つかった場合には罰金を科せられる可能性があります。

安全に、見つからないようにするためには、ExpressVPNを正しく設定する必要があります。

デバイスの起動時にExpressVPNが自動的に起動するように設定し、キルスイッチを有効にしてください。そうすれば、たとえVPNが停止しても、無防備な通信が漏れることはありません。

中国で無料のVPNを使用できますか?

無料のVPNは中国では使えない可能性が高いです。

高度な難読化技術やIPおよびDNSの漏洩防止機能を持たないVPNは、中国のグレートファイアウォールを迂回することができません。中国で利用できるプレミアムVPNは数少ないですし、高度な対策技術はかなり高価なので、無料VPNにはその資金がありません。

また、ファイアーウォールを突破できたとしても、無料VPNは一般的に帯域が限られているので、少ししかネットに接続できません。帯域を使い切ってしまうと、保護されなくなるので注意が必要です。

また、IPやDNSの漏洩に対する保護がないため、中国政府はユーザーを特定し、インターネットの利用状況を見ることができます。使用しているVPNも特定されてしまうと、罰金を科せられる可能性があります。

ExpressVPNは、中国のグレートファイアウォールを回避し、常に匿名でインターネットを利用するための優れた方法です。30日間の返金保証を利用してお試しするのがおすすめです。

ExpressVPN には中国語版のサイトがありますか?

ExpressVPNに中国版のサイトはありません。ExpressVPNの偽物ミラーサイトは頻繁に現れますが、すぐに閉鎖されます。

ミラーサイトは公式なものではなく、必ずしも安全とは限りません。そのため、中国に入国する前に、すべてのデバイスにExpressVPNをインストールすることをお勧めします。

なぜ中国ではインターネットが検閲されるのですか?中国ではどのようなサイトがブロックされているのですか?

中国のグレートファイアウォールは、中国国民が利用できるコンテンツを規制し、国の経済を保護するために作られました。

中国政府は、インターネットは統治されるべきだと考えており、国民が外国のコンテンツやアイデア、意見を目にすることがないように、可能な限り規制しています。

そのため、海外のサイトやアプリが使えない代わりに、中国独自のサイトやアプリを提供しています。私たちが普段利用しているが、中国では利用できないサイトには次のようなものがあります。

  • ストリーミングサービス:Netflix、Amazon Prime、HBO Max、Huluなど
  • ソーシャルメディア。Facebook、Instagram、Twitterなど
  • ニュースサイト:BBC、New York Times、Bloomberg、NBCなど
  • 検索エンジン Yahoo、Google、Bingなど
  • メッセージングサービス WhatsApp、Telegram、Slackなど

ExpressVPNは、中国のグレートファイアウォール(金盾)を迂回できる数少ないVPNのひとつです。

高度な難読化技術と強力な暗号化プロトコルを使用することで、中国でも無料でインターネットを楽しむことができます。

ただし、ExpressVPNのウェブサイトは中国ではアクセスできませんので、入国前にすべてのデバイスにインストールしておくことが重要です。

中国のルーターにExpressVPNをインストールできますか?

はい、できます。むしろ、中国のルーターにExpressVPNをインストールした方が良いでしょう。

そうすれば、すべてのデバイスを常に保護できますし、突然の通信中断を心配する必要もありません。ルーターにVPNをインストールしておけば、常にVPNが作動しているので、いつでも安心してインターネットを利用できます。

ExpressVPNは、AndroidやiOS用のモバイルアプリ、macOS、Windows、Linux用のデスクトップソフト、ChromeやFirefox用のブラウザ拡張機能、ルーター用のアプリなどを提供しています。

そのため、中国国内のすべてのデバイスで安全にインターネットを利用できます。

ExpressVPNはどのようにして中国のグレートファイアウォールを回避するのですか?

中国のファイアウォールは、キーワードベースのアルゴリズムを使用してすべての通信を分析します。

IPアドレスだけを分析するというのは誤解で、実際にはメタデータも分析します。

インターネットで文書を送信する場合、メタデータには、文書のサイズ、送信元、日付などの情報が含まれています。ExpressVPNはこのようなデータを隠すために、強力な暗号化アルゴリズムを使用しています。

 

AES-256暗号化により、IPアドレスや位置情報などの情報を誰にも見られないようにしています。データが暗号化された後、難読化サーバーがメタデータをスクランブルして、通常の通信のように見せかけます。

すると、Great Firewall はそれを通常の HTTPS 通信として認識し、通過を許可します。しかし、完璧な保護のためには、キルスイッチを有効にする必要があります。VPNを使わずに通信しようとすると、ファイアウォールがすぐにブロックしてしまうので、これは必須です。

中国に入国する前にExpressVPNに加入しておけば、ファイアウォールに悩まされることなく、いつも通りにインターネットを利用できます。

ExpressVPNは、中国のグレートファイアウォールを回避するために必要なすべてのツールを提供する優れたVPNサービスです。難読化技術でメタデータをスクランブルし、DNSとIPリーク防止で通信を匿名化するので、ファイアウォールを簡単に迂回できます。

さらに、ExpressVPNは中国にサーバーがないため、厳しいデータロギングポリシーに準拠する必要がありません。つまり、あなたのオンライン利用のプライバシーを確実に守ることができるのです。

30日間の返金保証を利用して、今すぐExpressVPNの快適さを体験できますし、満足できない場合は全額返金してもらえるので安心です。

ExpressVPNを無料で試す

まとめ

ExpressVPNは、中国のグレートファイアウォールを迂回するために必要なすべてのツールを備えています。

難読化によってあなたのメタデータをスクランブルし、DNSとIPリーク保護によってあなたを匿名に保ち、手間をかけずにファイアウォールを迂回することができるのです。

ExpressVPNは中国にサーバーを持たないため、その厳しいデータロギングポリシーに準拠する必要がありません。そのため、ユーザーのインターネット閲覧履歴は完全に非公開となります。安心して中国でインターネットを使える数少ないVPN、それがExpressVPNです。

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次