MENU

ExpressVPNにログインする方法まとめ

この記事では、ExpressVPNにログインする方法を解説していきます。

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

目次

ExpressVPNのログイン方法

ExpressVPNにログインするには、契約時に自動で設定されたパスワードとアクティベーションコードが必要です。

契約時にメールで送られてきているので、メールフォルダをご確認ください。

アクティベーションコード

ExpressVPN公式サイト

初めて登録される方は、パスワードが自動的に発行されます。入金完了後、画面右側に「ランダムに生成されたパスワード」が表示されますので、これをメモしてください。

この自動生成されたパスワードは、後でログインする際に使用されます。

インストール前の最後のステップはとても重要なのですが、つい飛ばしてしまいがちです。画面にアクティベーションコードが表示されますので、コピーして後で使用するために保存しておく必要があります。次に、お使いのOSとデバイスに適したバージョンのアプリをクリックしてダウンロードします。

ExpressVPNにログイン

Macの場合

ExpressVPNインストールが完了したら、ソフトを起動します。

サインインをクリックすると、”アクティベーションコードを貼り付けてください “というメッセージが表示されます。先ほどメモしたアクティベーションコードを貼り付け、[サインイン]をクリックします。

「VPN設定」画面で「続行」をタップします。

VPNを利用するためには、Mac側からのExpressVPNへの接続を許可する必要がありますので、許可してください。

コンピュータの起動時にExpressVPNを自動的に起動させるかどうかを選択します。

クラッシュレポート、スピードテスト、その他の情報をExpressVPNに匿名で共有することを選択します。

windowsの場合

インストールが完了すると、ExpressVPNが自動的に起動し、アクティベーションコードを要求されます。このコードはすぐに保存するのがベストですが、リンクをたどればいつでも新しいコードを取得できます。ここで、テキストボックスにアクティベーションコードを入力し、「OK」をクリックします。

その後、ExpressVPNはお勧めのサーバーを提示します。「接続」をクリックするとそのサーバーに接続し、「別の場所を選択」をクリックすると代替サーバーのリストが表示されます。

スマートフォンやタブレットなど、追加のデバイスに接続する場合は、ExpressVPNの画面下部の「Get Started」をクリックすればよい。本ガイドはWindowsユーザーを対象としているため、ここでは詳細な手順については割愛させていただきます。強調したいのは、ExpressVPNでは複数のデバイスを同時に使用できることです。これは本当に助かります。

「接続」をクリックした瞬間から、ExpressVPNを通じてウェブを閲覧し、ネット上で活動できる状態になります。ユーザー側でやることは他に何もありません。。

ExpressVPNを無料で試す

まとめ

この記事では、ExpressVPNにログインする方法を解説しました。

ExpressVPNには最初の30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

ExpressVPNを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

自分で使ってみないと、本当の使い心地はやっぱりわからないもの。

ExpressVPNは、時々割引キャンペーンも行っています。ExpressVPNの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

ExpressVPNを無料で試す

よかったらシェアしてね!
目次